昨年、日本内科学会などの8つの学会の合同委員会が作成したメタボリックシンドロームの診断基準では、ウエスト周囲径が必須項目になっている。そのウエスト周囲径は、男性85cm以上、女性90cm以上であることから、メタボリックシンドロームと診断されるのは男性が多く、女性では少ない。しかし、実は、中性脂肪とHDLコレステロールにスポットを当てると、女性でも動脈硬化のハイリスクな症例があることが分かる。

ウエストよりも中性脂肪とHDLの画像

ログインして全文を読む