アメリカンフットボールの強豪である日本大のアメリカンフットボール部(以下、アメフト部)の選手が、ライバル校の関西学院大学のクォーターバック(QB)に対し、ホイッスルが鳴った後に後方からタックルを仕掛け、転倒して負傷させた事件が話題になっている。

アメフト「QB潰せ」から考える医療界の規律の画像

ログインして全文を読む