私たちが普段の診療において毎回確認しなければならない問診項目は実は非常に限られており、それらに慣れておくと英語での診療がぐっとラクになると思います。

初対面の外国人患者にどう切り出すかの画像

ログインして全文を読む