近年、わが国は観光立国としての実現に向け、海外からの観光客を呼び込もうと力を入れています。さらに、2019年にラグビーワールドカップ2019 日本大会、2020年に東京オリンピック・パラリンピックの開催を控え、世界中の人が来日するようになると、日常診療で外国人患者として接する頻度は増えていくはずです。

ログインして全文を読む