症例検討の場面で最も頻度が高く重要な動詞を70個選び出し、1)主訴/病歴、2)検査(方法、操作と結果、内容)、3)鑑別診断/検討、4)治療の4つの項目に分けて、実際的な例文を付けました。今回は、検査(方法、操作と結果、内容)についてです。

ログインして全文を読む