病歴の把握は時間の流れがカギになります。時間的な表現は、基準点を境に、大まかに1)「以前」「前の」、2)「未来の」「後の」という2つのグループに分けることができます。それぞれ実際にはどのように使われているかを例文でチェックしましょう。

ログインして全文を読む