診断は常に簡単に確立されるとは限りません。診断が確定している場合、例えば「The diagnosis is aspiration pneumonia.」(診断は誤嚥性肺炎である)と表現するわけですが、種々の要因で確信度が100%はない場合、副詞や形容詞、助動詞を用いて、どの程度の確実性があるかを表すことができます。

ログインして全文を読む