日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、H2ブロッカーのうち最も処方頻度の高いものを聞いたところ、8割以上の医師がファモチジン(商品名ガスター他)と回答した。第2位のラフチジン(プロテカジン他)は6.7%、第3位のラニチジン(ザンタック他)は4.2%の医師が、最も処方頻度の高い薬剤として選んだ。

 4位以下は次の通り。

・ニザチジン(アシノン他) 3.7%
・シメチジン(カイロック、タガメット他) 3.5%
・ロキサチジン(アルタット他) 0.8%

 ファモチジンの断トツは、これまでの3回の調査を通じて変わりはないが、ファモチジンの人気は、第1回調査第2回調査、そして今回調査の順でいうと、79.8%、80.5%、81.1%で、調査のたびにシェアは上昇している。

H2ブロッカー:ガスター人気の拡大続くの画像

ログインして全文を読む