日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、ループ利尿薬のうち最も処方頻度の高いものを聞いたところ、73.4%の医師がフロセミド(商品名オイテンシン、ラシックス他)と回答した。第2位のアゾセミド(ダイアート他)は18.6%、第3位のトラセミド(ルプラック他)は7.3%、ブメタニド(ルネトロン)は0.7%の医師が、最も処方頻度の高い薬剤として選んだ。

 なお、ループ利尿薬についてのNMO処方サーベイでは、第1回調査第2回調査から順位は変わらず、フロセミドが断トツの人気を誇っている。

ラシックスとダイアートはどう使い分ける?の画像

ログインして全文を読む