日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、整腸菌製剤のうち最も処方頻度の高いものを聞いたところ、43.3%の医師が酪酸菌(配合)製剤(商品名ミヤBM、ビオスリー)と回答した。第2位のビフィズス菌(配合)製剤(商品名ラックビー、ビオスミン、ビオフェルミン他)は39.2%、第3位の耐性乳酸菌製剤(商品名:エンテレノン-R、ビオフェルミンR、ラックビー-R他)は15.4%の医師が、最も処方頻度の多い薬剤として選んだ。

 過去2回の調査(第1回調査第2回調査)では、整腸菌製剤が2位の酪酸菌製剤を大きく引き離して1位だったが、今回の調査では酪酸菌製剤が僅差でビフィズス菌製剤をかわし、首位に躍り出た。

整腸菌製剤:ビフィズス菌を抜き酪酸菌が首位にの画像

ログインして全文を読む