日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、過敏性腸症候群治療薬(IBS治療薬)のうち最も処方頻度の高いものを聞いたところ、第1位はポリカルボフィルカルシウム(商品名コロネル、ポリフル他)だった。医師の54.8%がポリカルボフィルカルシウムを挙げ、最も人気のある過敏性腸症候群治療薬であることが分かった。

過敏性腸症候群用薬:コロネル、ポリフルが躍進の画像

ログインして全文を読む