日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、最も処方頻度の高いGLP-1受容体作動薬を聞いたところ、第1位はリラグルチド(商品名ビクトーザ)となった。処方経験がある医師の3分の2(66.9%)がリラグルチドを挙げており、最も人気のあるPPIであることが分かった。

GLP-1受容体作動薬:リラグルチドが一番人気の画像

ログインして全文を読む