医療者が新型インフルエンザに罹患すれば、診療体制を維持することができなくなる。まずは医療者自身が自分の身を守らなければならない。鼻腔ぬぐい液を採取するとき、鼻腔孔にスワブを挿入するとくしゃみや咳が出ることがある。飛沫を直接浴びないようにするため、検体を採取する際は、患者の正面ではなく患者の横に座るとよい。

医療者が新型インフルエンザに罹患しないためにの画像

ログインして全文を読む