江戸時代の歌人良寛(1758〜1831)は越後国出雲崎に生まれ、本名を山本栄蔵といった。父は地元の名主(なぬし)で、以南(いなん)と号した俳人だった。

 長男に生まれた栄蔵は18歳のとき名主見習いを務めたものの、人見知りがはげしく社交性に乏しかったため半年も経たぬうちに見習いを降りてしまった。

美人尼の介護を受けた晩年の良寛の画像

ログインして全文を読む