風薫る5月はうつ病の季節でもある。鎌倉幕府初代将軍、源頼朝の娘もうつ病を患った一人だった。伊豆に配流された頼朝は北条政子と熱烈な恋に落ちたが政子の父、北条時政は2人の交際をひどく嫌った。それでも政子が治承2年(1178年)に長女大姫(おおひめ)を生むと、しぶしぶ2人の結婚を認めた。いわゆる「できちゃった婚」である。

長女のうつ病に悩まされた頼朝夫妻の画像

ログインして全文を読む