元禄14年(1701年)3月14日、江戸城本丸松の廊下で赤穂藩主浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が突然短刀を抜いて高家筆頭(こうけひっとう)の吉良上野介(きらこうずけのすけ)に斬りかかった。驚いた上野介が振りむくと、さらに刀を浴びせて眉間を割った。内匠頭は直ちに取り押さえられ、上野介は駆けつけた高家衆に支えられて別室へ運ばれた。

吉良上野介を助けた南蛮流外科医の外傷治療の画像

ログインして全文を読む