精神分析学の創始者ジークムント・フロイト(1856〜1939)はオーストリアの小都市フライベルクでユダヤ商人の息子に生まれ、ウィーン大学医学部を経て30歳で医院を開業した。その後、セックスを重視する精神分析療法を開拓し、地元では無視されたが、その独創的な理論は全世界に知れわたり、ウィーンは精神分析学のメッカとなった。

三十六回の手術の末 安楽死を選んだフロイトの画像

ログインして全文を読む