今年は天才洋画家藤田嗣治(ふじた・つぐはる)の生誕131年目にあたる。彼の流麗で日本画的な描線と白い絵の具で彩(いろど)られた精妙な作品群を愛する人は多かろう。 藤田は1886年11月27日、東京に生まれた。父はのちに陸軍軍医総監に就任した藤田嗣章(つぐあき)である。嗣治が6歳のとき母が亡くなり、父は内地や朝鮮など各地を転任していたから、嗣治は長姉の嫁ぎ先に預けられて成長した。

癌の余命宣告に動揺した洋画家 藤田嗣治の画像

ログインして全文を読む