マイコプラズマ肺炎は、例年、秋から冬にかけて流行しますが、今年は夏に感染が拡大し、これから勢いが一段と増しそうです。流行のパターンは年によって異なるようですが、昨年はどうだったのでしょうか。マイコプラズマ肺炎以外にも、ICD10分類で見ると、細菌性の肺炎や病原体不詳の肺炎などがあります。そこで今回は健康保険組合のレセプトを使って、肺炎の種類ごとに2010年の流行のパターンを細かく調べてみました。

「肺炎疑い」のうち本当の「肺炎」は約5割?の画像

ログインして全文を読む