COPD患者には高齢者が多く、背筋が曲がっている、いわゆる脊柱後彎位(円背)の方がいることに多いことに気付きます。

骨粗鬆症が進むと吸入薬が肺の奥まで届かないの画像

ログインして全文を読む