吸入デバイスの操作に慣れてくると,それまで両手で行うように指導されていた吸入手技操作を、片手で済まそうとする患者さんが出てきます。本来は両手ですべき操作を片手で行うと、ピットホールに陥り、有効な吸入ができなくなる場合があるので、注意が必要です。

颯爽(?)と片手操作をしてピットホールの画像

ログインして全文を読む