2015年 10月1日に、グラクソ・スミスクラインから、COPD治療薬である長時間作用性抗コリン薬(LAMA)ウメクリジニウム(商品名:エンクラッセ)が発売されました。このエンクラッセのデバイスは、従来からある、喘息治療薬である吸入ステロイド薬(ICS)と長時間作用性β2刺激薬(LABA)の配合薬であるレルベアや、LAMA+LABA配合薬のCOPD治療薬アノーロと同じエリプタが採用されています(図1)。

エリプタを操作する上での一工夫の画像

ログインして全文を読む