前回、プライマリ・ケア領域の臨床現場において、他疾患で受診中の患者さんの中に、多くのCOPD潜在患者さんがいる可能性があると述べました。ところで、COPDはスパイロメトリーで呼吸機能検査を行い、「1秒率70%未満」をもって診断するわけですが、呼吸器内科専門医ではない、非専門医の方々の多くは、スパイロメトリーを設置されていないと思います。

プライマリ・ケア医の強い味方、COPD質問票の画像

ログインして全文を読む