私は、吸入薬を初めて処方する際に、ドライパウダー製剤か、エアゾール製剤か──で選ぶのではなく、患者さんがより使いやすく、馴染みやすいデバイスを選ぶようにしています。なぜなら診断が正しく、治療ガイドラインに沿った適切な吸入薬を選択すれば、どちらの製剤であっても患者さんの症状は良くなるからです。

ドライパウダー製剤かエアゾール製剤か、使い分けのポイントの画像

ログインして全文を読む