2年前から年に1度だけ、ある私大医学部の3、4回生に冒頭のタイトルで講義を行っている。将来何科の医者になるかまだ決めやらないでいる彼らに何らかの示唆を与えられればと願ってのことだが、ひょっとして、とんだ誤解をしていないか、ならば早いうちに改めてもらわねば、との思いも加わっている。

ログインして全文を読む