患者が腹痛を訴えて外来を訪れると、最近の若い医者は患者の腹も触らずにエコーのオーダーを出したりする。咳を訴えて来た患者には、患者が胸をはだけようとしているにもかかわらず、聴診器をあてがうことをせず、さっさと胸部X線撮影や採血のオーダーをする。

ログインして全文を読む