知ったかぶりをして、その場は凌いだつもりでも、早晩ボロは出る。たまたま思いやりに欠けた意地の悪い、あるいは日ごろから敬意を抱いている人間が居合わせた日には、即座に揚げ足を取られ、とんだ赤っ恥をかくことになる。

ログインして全文を読む