外来診察室の医師の机にはシャウカステンが置かれてある。もっとも、昨今は電子カルテが普及し、パソコンに組み入れられた画像を開くことが多くなって、シャウカステンにフィルムをかけて説明する医師は減少しつつあるようだ。大病院では専らそうした傾向になっているが、私が責を担う無床の診療所ではまだまだシャウカステンが幅を利かせている。

ログインして全文を読む