一流企業の重役を務める熟年の紳士が、風邪気味で某病院の内科外来を訪れた。診察に当たったのは自分の息子のように若い医師だったが、舌圧子を突き出すや、「ハイ、口をアーンと開けてごらん」と言った。

ログインして全文を読む