早いもので、2012年4月に始まった本連載も、今回で最終回を迎えることになりました。連載第1回で、心房細動診療を旅になぞらえて、「心房細動の旅モデル」を提示させていただきました。思えば、2年という長きに渡ったこの連載自体が、私にとって、そしてもしかすると読者の皆さんにとっても「心房細動の旅」だったのかもしれません。

プライマリケア医のための心房細動診療21か条の画像

ログインして全文を読む