指導医 さて、先生の当院での研修もそろそろ大詰めですね。最後のカンファレンスは、実は心房細動診療で一番重要であり、かつ難問でもある高齢者の診療について考えてみたいと思います。

意外に少ない? 高齢者の出血リスクの画像

ログインして全文を読む