経口糖尿病治療薬として今回はピオグリタゾンのエビデンスを吟味していこう。血管合併症予防に関するエビデンスの有無に基づいた糖尿病治療薬選択を推奨している国立国際医療研究センター病院による「糖尿病標準診療マニュアル」(図1)では、ピオグリタゾンはステップ2のオプションとして位置付けられている。

ピオグリタゾンの大血管症予防効果に関する日本人対象のランダム化比較試験がある。〇か×か?の画像

ログインして全文を読む