東京工業大学栄誉教授 大隅良典氏のノーベル医学・生理学賞受賞が決まり、今年も喜びに沸く日本だが、毎年、思うのは、医学・生理学賞には二つのタイプがあるということだ。1つは、昨年の大村智氏(北里大学特別栄誉教授)の抗生物質探索研究のように、すでに世界的な貢献を成し遂げた成果に与えられるもの。もう1つは、山中伸弥氏(京都大学iPS細胞研究所教授)のiPS細胞研究のように、まだ先だが、将来、社会に大きく貢献するだろうと期待されるものだ。大隅氏のオートファジー研究は、もちろん後者に入るだろう。

5分で分かる!オートファジー研究の最先端の画像

ログインして全文を読む