6万円前後の安価な汎用機から数千万円以上する高性能機まで、多様な3Dプリンターが市販されるようになった。医療分野でも、術前検討のための病変再現、オーダーメードの人工骨の他、細胞を材料にした「3Dバイオプリンティング」の研究開発も急ピッチで進められている。

まるでSF、「超音波まで聞こえる耳」も登場の画像

ログインして全文を読む