ALS患者が何より恐れるのは、感覚や認知機能が全く正常であるにもかかわらず、動く、意志を表すといった行為が一切できなくなる「閉じ込め症候群」だといわれる。ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)、つまり脳波や血流の変化をコンピュータが読み取り、機械などを使って意志や行動に変換する技術は、「閉じ込め症候群」に残された唯一の希望だ。

「閉じ込め症候群」に残された唯一の希望の画像

ログインして全文を読む