医学領域のイメージングでは、生物現象を応用したバイオイメージングの躍進が目覚ましい。発端は、緑色に光るオワンクラゲを大量に採集し、世界で初めて蛍光蛋白(緑色蛍光蛋白:GFP)を同定した下村脩博士(米ボストン大学名誉教授、2008年ノーベル化学賞受賞)らの研究にさかのぼる。

「光るクラゲ」がもたらした生体内の可視化技術の画像

ログインして全文を読む