高齢かつハイリスクな妊娠や出産が増えるにつれ、妊産婦を対象にした細菌叢(マイクロバイオーム)解析にも注目が集まっている。調べるのは、膣内、羊水、胎盤、臍帯血などに存在する微生物(主に細菌や真菌)のDNA断片だ。細菌由来のリボソームRNA遺伝子を調べる「16S rRNA遺伝子解析」も取り入れられようとしている。

羊水は無菌じゃない!細菌叢が早産に関与?の画像

ログインして全文を読む