肺癌の肺内転移で抗癌剤治療を受けてきたが、効果がなくなり、その後は緩和ケア病棟に入院していたタナカサトシさん58歳男性。緩和ケア病棟に入院してからは、しばらく穏やかに過ごしていたが、この1週間で呼吸苦の症状が徐々に悪化し、モルヒネやベンゾジアゼピンなどを増量しても効果が得られず、昼も夜も、苦しい状況が続いていた。Dr.ニシは「不安定な状況だが、まだ薬の増量などで対応できそうかな……。家族との会話もできているし、それなりにいい時間も持てているのでは」と考えていた。しかし、付き添っている家族はそうは思っていなかったようだ。

人生の最期は「眠って過ごしたい」と言われたらの画像

ログインして全文を読む