スズキさんは60歳の女性。大腸癌、肝転移のため大学病院にて抗癌剤治療を受けていたが、病状の悪化のため地元で緩和ケアを受けるようにと勧められ、Dr. ニシの外来を受診した。初診時は肝転移の増大に伴う疼痛があったが、鎮痛薬の調整により、日常生活には大きな支障がなくなり、趣味であったガーデニングも楽しめるようになっていた。そうやって、落ち着いているかに見えたある日の診察で、スズキさんから「私って、あとどれくらいなんでしょうか?」と問いかけがあった。答えに窮したDr.ニシ。どのように対応するのがよかったのでしょうか――。

「あとどれくらい生きられますか」への答え方の画像

ログインして全文を読む