「第21回 日本遠隔医療学会学術大会(JTTA 2017)」(2017年9月30日〜10月1日、宇都宮市)では、2018年度診療報酬改定における遠隔診療の扱いが話題の一つとなった。2017年6月に閣議決定された「未来投資戦略2017」では、遠隔診療を次期診療報酬改定で評価すると明記(関連記事)。これを受けて今回の学会では、保険点数がどのような形で付き得るのかについて、さまざまな立場の識者が見解を示した。

遠隔診療、保険点数はどのように付くのか?の画像

ログインして全文を読む