「対面診療とオンラインでの遠隔診療を組み合わせた新しい医療を、次の診療報酬改定でしっかり評価する」――。2017年4月14日に開催された、第7回未来投資会議。安倍晋三首相のこの発言は、インターネットを介したオンライン診療、いわゆる遠隔診療の普及に向けた新たな段階の幕開けを告げた。次の診療報酬改定、つまり2018年度診療報酬改定で遠隔診療に一定のインセンティブを与え、診療報酬上の評価がなされてこなかった状況を改善する方針が示されたのだ。

ネット診療、診療報酬上の評価は来春改定から2段階での画像

ログインして全文を読む