“排泄”周りのヘルスケアサービスの開発が活況を呈している。キーワードは「失禁対策」と「健康チェック」。便や尿の漏れを予知したり検知したりするセンサーやそれと連携するスマートフォンアプリが、介護支援などへの応用に向けて続々と登場。便や尿を検体とし、健康や疾病リスクを判定するサービスでも多くの企業がしのぎを削っている。

もう「お漏らし」は怖くないの画像

ログインして全文を読む