日本アルコンは、白内障手術で使用するORA術中波面収差解析装置「ORA System」を2016年4月15日に販売した。医師が術中、リアルタイムに患者の屈折情報を把握できる装置である。価格は1500万円(税別)。

白内障手術中に患者の屈折情報をリアルタイムに把握の画像

ログインして全文を読む