2016年度診療報酬改定で、情報通信技術(ICT)を活用した医療連携や医療データの収集・利活用に関する算定について新たに盛り込まれた。いよいよICTを活用した医療が日常診療のあちらこちらに広がってくると言えそうだ。

ログインして全文を読む