金型製作を行う町工場のニットーは、千葉大学フロンティア医工学センター、西村拓紀デザイン、日本高分子技研との協業で「医療用ウェアラブルチェアarchelis(アルケリス)」を開発した。2016年夏頃の製品化を目指し、現在は改良試作と評価を進めている。

医療用“歩ける椅子”、町工場が産学・医工連携チームでの画像

ログインして全文を読む