国立がん研究センターは2016年1月12日、同センター 中央病院に「遺伝子診療部門」を開設したと発表した。網羅的遺伝子解析に基づく診療(ゲノム診療)を、同病院の全診療科でサポートする機能を担う。国立がん研究センター中央病院 院長の荒井保明氏は、「がん専門医でも、遺伝子解析の結果を解釈し判断できる医師はごくわずか。解析結果を翻訳し仲介してくれる存在がいなければ診断や治療には使えない」と同部門の設立の背景を語る。

国がんが遺伝子診療部門、解析結果を「医師に翻訳」の画像

ログインして全文を読む