男性型脱毛症(AGA)専門外来などを設けるメンズヘルスクリニック東京(東京都千代田区)は、超高分解能頭皮MRIを用いて男性型脱毛症の画像診断を行う技術を開発した。わずかな毛量の増減を観察することができ、剃毛せずに毛髪本数や太さを半自動で解析し評価することが可能となる。従来の写真撮影ではわずかな毛量の増減を評価するのは難しく、また本数や太さの解析には剃毛が必要で、実施できるのは小さな部分に限られていた。

ログインして全文を読む