ジーンクエストは、ヤフーと共同で手掛ける一般消費者向け遺伝子検査サービスにおいて、モニター1万人の遺伝子情報を解析した結果を発表した。インターネットを介した解析が、日本人の大規模遺伝子解析に有効であることが示唆された。サンプルに唾液を使っても、血液を使った過去の解析結果に沿う結果が得られたという。

血液じゃなくてもOK!「1万人分の唾液」で遺伝子解析の画像

ログインして全文を読む