ぐにゃりと曲がり、絆創膏のように皮膚に貼って使える――。印刷プロセスで作れるそんな“フレキシブル体温計”を、東京大学大学院 工学系研究科 特任助教の横田知之氏と同教授の染谷隆夫氏らのグループが開発した。

貼って使える「フレキシブル体温計」の画像

ログインして全文を読む