韓国の医療・保健政策を担当する保健福祉部は2015年10月21日、遠隔医療産業の育成に向けて、2016年に関連予算を大幅増額することを明らかにした。韓国政府は2015年1月1日からたばこの販売価格を、従来の1箱2500ウォン(約280円)から4500ウォン(約500円)に値上げした。たばこ販売価格の約15%は健康増進基金として積み立てられるが、その増分を遠隔医療の制度化に向けた予算に使うことにした形だ。

韓国、たばこ値上げ分を医療関連予算の原資にの画像

ログインして全文を読む